レビトラジェネリックの飲み方、効果、偽物に騙されないための注意点


偽物に騙されない為の注意点

バリフは、レビトラのジェネリックのため、もともとの価格が大変安く、レビトラよりもブランド価値が低いため、偽物がほとんどないと噂されていますが、必ずしもそうとは限りません。
インターネット上では、正規品に似せただけのコピー商品が流通しています。(レビトラは、コピー商品が多く流通しているようです) コピー商品はとても精巧に作られており、本物と偽物を並べてよく見ないと見分けがつかないというものもあります。
また、偽物は、医薬品でありながら、不衛生な場所で、いい加減な成分内容で製造されているため、健康被害を引き起こす可能性があります。 また、個人輸入で、偽物のバリフを購入してしまっても返品できませんし、輸入代行業者に対してクーリングオフの主張をすることができません。
また、通常、日本国内で、医師に処方された医薬品や国内の市販薬を適切に服用したにもかかわらず、重篤な副作用が出た場合、「医薬品副作用被害救済制度」が適用され、治療費等が保障されますが、個人輸入で入手した医薬品のトラブルはこの制度の保証対象外となり、自己負担での治療になります。
では、具体的にどうやって偽物を見分けるのかと言うと、パッケージ、錠剤の形状、取引業者等の見極めができるかどうかです。

◆パッケージ
まず、パッケージの印刷がにじんでいたり、成分表記(ほとんど英語表記です)がない場合は、偽物の可能性が高いと思ってもいいでしょう。
たいてい「Each tablet contains □□mg Vardenafil(訳:いずれの錠剤も□□mgの有効成分のVardenafilを含有しています)」とパッケージに記載されています。
すべての商品に詳しい成分表が書いてあるとは限りませんが上記表記はチェックしましょう。
万が一、上記表記がなかったり、不鮮明な表記であったり、成分表の記載がない場合は、偽物と疑い購入を避ける、もしくは購入後に気づいたら、服用を止めた方がいいでしょう。

◆錠剤の形状
コピー商品と言われる偽物の形状が、精巧に作られているため、見極めるのが大変難しく、正規品と比較してみると、錠剤の色味が若干異なっていたり、錠剤のプリント文字が薄かったり濃かったりと差があります。
一般的に、通販で購入する場合、店頭で手にとって購入するのとは違って、インターネット上に掲載してある画像や説明書から判断しなければならず、見極めるのが困難なのが現状です。

◆取引業者数
あるインターネット通販会社や、個人輸入の輸入代行業者の中から、信用あるショップかどうか見極めるポイントとして、①会社の実績と信頼性、②クレジット決済可能、③商品やショップに対する口コミ体験、の3点が考えられます。
会社については、問合せがしっかりしているかどうか、またその対応から判断することができるでしょう。
また、カード決済が可能で、日本語対応が可能な場合も、比較的信用できるショップと言えます。
しかし、問い合わせ先がない場合や、個人輸入なのに国内からの配送になっている、もしくは会社情報が不明なショップは要注意です。 ※バリフは製造中止になりました。バリフを使用していた方にはレビスマなどほかのレビトラジェネリックをおすすめします。
参考:レビトラジェネリック一覧ページ

レビトラジェネリックの偽物に注意するよう助言する男性


 

Posted in