レビトラジェネリックの飲み方、効果、偽物に騙されないための注意点


バルデナフィルの効果と副作用

バリフの有効成分バルデナフィルが、ペニスへの血流を増加させ勃起させます。
その仕組みを詳しく説明しますと、性的刺激を受けている最中放出される一酸化窒素が、酵素グアニル酸シクラーゼを活性化します。この酵素はペニスの血管の弛緩を促す(勃起組織の)cGMPレベルを上昇させ、血流が海綿体を満たし血管拡張により、勃起作用につながります。また、バルデナフィルは、酵素PDE-5(EDの原因となる酵素の働き)を阻害し、ペニスへの血流増加を促すcGMPの崩壊を防ぎ、勃起持続効果をあげます。

バリフの最大の特徴は、服用してから効果が現れるまでのスピードです。飲むタイミングは、性行為を行う約1時間前がちょうど良く、早ければ15~20分ほどで効果が出る場合もあり、数時間の持続効果が見込まれるようです。セックス前に服用するのも可能で、シャワー前や前戯の少し前の服用でも問題ありません。
バイアグラやシアリスのような、服用してから効果が現れるまでに時間がかかり、また、いつ服用するかを逆算しなければならず、飲むタイミングがとても難しいED治療薬に比べ、バリフであれば、そんなわずらわしさは一切不要です。

バリフのもうひとつのポイントは、飲んだだけでは勃起をしないことです。
効果が現れてから性的刺激を受けることで、勃起した状態が維持します。その為、効果が継続している時間内であれば、自由に外出したり、外食したり、デートを楽しむことも可能で、それから行為に望むことができ、また、何度でもセックスを楽しむことが可能です。

デートを楽しむ夫婦

副作用で、比較的多い症状は、頭痛とほてりです。これらは血管を広げる作用によるものなので、数時間でたいてい治ります。もし副作用で、気分が悪くなったらすぐに服用を中止するようにしてください。
その他、めまい・吐き気・消化不良・動機・鼻づまりなどの症状が見受けられます。
また、一過性の視覚異常が現れることがあり、「まぶしい」「青と緑の区別がつかない」など、異常な見え方がすることがあるようです。そのため、服用後しばらくの間は、車の運転に十分注意してください。
急に片目もしくは両目の視覚障害に陥った場合、非動脈性前部虚血性視神経症の徴候かもしれませんので、服用をやめて、至急医療機関に行って下さい。
まれに、突発性難聴を発症することがありますので、その際は服用をやめ、病院で診てもらってください。そして、重度の脳梗塞や心臓病などの持病がある方は、性行為自体が危険な場合があるので、バリフの服用は避けてください。

Posted in